らいずのらいずあっぷ

ポケモン(シングル)の構築メモ

カバリザ蒼響

葉桜杯 秋の陣(オフライン大会)に参加してきた。
結果は3-3予選落ちと微妙な戦績だが、約二年振りのオフなので記念に記事を書く事にした。

ーーーーー

並び
f:id:Rise1525:20211108130344p:plainf:id:Rise1525:20211108130329p:plainf:id:Rise1525:20211108130419p:plainf:id:Rise1525:20211108130403p:plainf:id:Rise1525:20211108130353p:plainf:id:Rise1525:20211108130339p:plain


構築コンセプト

・交代の少ない対面寄りの基本選出を軸にして、読み行動を極力排除する

リザードン@1+ザシアンで詰める

カバラッキー@1や、ザシアン+癒しの願いラッキーなど複数の勝ち筋を確保する

以下採用順の解説


f:id:Rise1525:20211108130419p:plainザシアン@朽ちた剣
不撓の剣 199-220-136-×-152-174
巨獣斬/じゃれつく/インファイト/剣の舞

・こちらの記事の配分使わせて頂きました 剣盾 S17 最終2位 詰めザシアン|huyuno|note

構築の始点。
対面構築において強力な非ダイマ要員は必要不可欠である為、このポケモンを握る以外の選択が無かった。
多くのポケモンに対して等倍以上のダメージを与えたい為、攻撃技は一致二つとインファイトとなっている。

ザシアンミラーに対してはこちらのリザードンが有利に試合を進められるので、カイオーガや黒バドレックス、サンダーを意識してDに厚い配分を選択した。
後述の癒しの願いを持ったラッキーのおかげで黒バド+サンダーの並びに対してザシアンを実質2匹使用出来る。
この並びは本来ザシアン側はあまり得意ではないが、Dに厚いザシアンを再利用する事で抗える。麻痺の不安まで解消出来るので動きの再現性が高い。


f:id:Rise1525:20211108130329p:plainリザードン@ラムの実(キョダイ個体)
猛火 153-×-98-161-106-167
ブラストバーン/暴風/熱砂の大地/身代わり

構築の始点2。
定数ダメージの設置やS上昇により、ダイマを使い切った後も上から身代わり連打でダメージ稼ぎやダイマ枯らし、猛火発動からのブラストバーン等強く汎用性のある行動が可能。読み合いを極力排除する構築コンセプトに非常に噛み合った性能をしていた。

ヒードラン入りにも臆せず選出したい為熱砂の大地を採用した。カバやラグラージ+ザシアンに対して試合を有利に展開したいので持ち物はラムを選択。


f:id:Rise1525:20211108130344p:plainカバルドン@オボンの実
砂起こし 215-132-167-×-111-57
地震/欠伸/怠ける/ステルスロック

初手出しから一方的に不利になる事が少ない汎用性のあるクッション枠。砂ダメやステロによる襷潰しが単純に強い。
実際使用した個体はS0だが最遅ラグ抜かれのS個体値を推奨。


f:id:Rise1525:20211108130403p:plainドラパルト@命の珠
クリアボディ 163-172-95-×-96-213
ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/身代わり/竜の舞

主にムゲンダイナ絡みの並びを崩す為に採用した。
カイオーガ入りに対してもDに厚いザシアン+ドラパルトという後手に回らないパワーの高い選出が出来るのが強みである。


f:id:Rise1525:20211108130339p:plainラッキー@進化の輝石
自然回復 357-×-62-×-126-70
地球投げ/卵産み/歌う/癒しの願い

相手のサンダーの初手ダイマを牽制する為に採用した。基本的に黒バド入りにしか出さない前提のポケモン
初手ザシアンで撃ち合った後に黒バドやサンダーに対して後投げし、癒しの願いでザシアンを再利用する。
命中率という不安定な要素があるが、特定の構築にしか出さないと割り切って黒バドの身代わりまでケア出来る歌うを採用した。


f:id:Rise1525:20211108130353p:plainウオノラゴン@拘りスカーフ
頑丈顎 165-156-121-×-100-127
エラがみ/逆鱗/ロックブラスト/寝言

通りの良い時のみスイーパーとして選出する。
このポケモンが真価を発揮するのは選出画面であり、ウオノラゴンを見せている事が試合のプランニングにおいて重要な指標となった。





ーーーーー

久々にオフに参加したが、オフ特有の臨場感がやっぱり好きだと実感した。
その場の人全員がポケモン対戦やポケモンというコンテンツ自体が好きだと考えたら、人見知りしがちな自分でも初対面の人と気楽に会話も楽しめました。
これから沢山の人がオフの魅力を知って、もっともっと沢山の人とポケモン対戦出来たらしあわせだなあ。

f:id:Rise1525:20211108175510p:plain
(サムネ用です)

(単体記事)崩し特化パッチルドン

 S9で使用していたパッチルドンの単体記事。

 使用可能なポケモンが大きく変わるS10~11では数少ないパッチラゴンの電撃くちばしを無効化出来るポケモンであり、処理が難しいと予想されるドヒドイデとヌオーを絡めた受けサイクルを崩す性能を持っている為、今後開拓の余地があるポケモンかもしれない。

f:id:Rise1525:20200831235015p:plain

【持ち物】達人の帯

【特性】蓄電

【配分】控え目 175(76)-108-110-154(236)-111(84)-89(108)

【技】電撃くちばし フリーズドライ 冷凍ビーム 身代わり


電撃くちばし(先制)  B特化ドヒドイデ 確定2

フリーズドライ  D特化ヌオー 確定1

冷凍ビーム  H252ゴリランダー 確定1
        無振りパッチラゴン 確定1

・D>B 身代わりがC4ドヒドイデの熱湯耐え

・S 4振りアーマーガア抜き


 崩し枠とパッチラゴンと不利対面を作った時の引き先として採用した。
その為、パッチラゴンと同じ構築にいる事が多いゴリランダーの確定数を優先しCベースの配分にして冷凍ビームを持たせた。何より物理のつらら落としには無い命中安定のおかげで確実に役割を遂行できる。

【剣盾シングルS5】ネギガナイト入り対面構築【最終938位】

f:id:Rise1525:20200501151140j:plain


f:id:Rise1525:20200501151256j:plain

TNアイム

ーーーーー

序盤に壁要員+ダイマックスエースの展開構築を使用したが、壁要員を消費して実質2対3になる状態では相手のダイマックスに簡単に切り返され、そのまま押し負ける事が多かった。
その為若干の選出択が常に付き纏うが、襷・化けの皮・突撃チョッキ等行動保証の要素を多く取り込み確実に目の前の相手を倒していく対面構築に切り替えた。


以下採用順の解説


f:id:Rise1525:20200501151319p:plain

意地っ張り 137-205-116-x-102-117

襷枠はホルードアシレーヌ等も試したが、最終的にこのポケモンで落ち着いた。
肝っ玉が威嚇を無効にし、草打点がある為、ガオガエン+ナットレイ+水タイプのような並びに強く出られる。ダイマックスをしなくてもカビゴンに抗える数少ないポケモンでもある。

比較的安定した先発要員だが、後ろに置いて相手のダイマックスを襷カウンターで切り返す事も可能。正確な選出を求められる対面構築だが、この柔軟性が選出の窮屈さを緩和した。


f:id:Rise1525:20200501151400p:plain

控え目 211-94-132-143-116-82 (キョダイマックス個体)
こちらの配分使わせて頂きました。ありがとうございました。
【剣盾シングルシーズン4】運だけグッドスタッフ【最終10位】 - 昼間の星

ダイマックス枠だが、チョッキを持たせる事で素の状態でもある程度の撃ち合い性能を確保した。
オーロラベール込みの数値が圧倒的であり、パッチラゴンやガラルヒヒダルマのいない構築には大体出しても腐らない。

トゲキッス性能を底上げする為に特性はシェルアーマー。


f:id:Rise1525:20200225182716p:plain

腕白 267-131-128-x-130-50 (非キョダイマックス個体)

クッション枠なのでHBに振り切った。対面操作の為の欠伸と、ターン稼ぎに便利な守る。攻撃技はミミッキュトゲキッスへの打点になるヘビーボンバーと、アイアントが重いのでカウンターを採用した。

身代わりドラパルトの方が食べ残しの優先度が高いと判断し、代わりにオボンの実を持たせた。


f:id:Rise1525:20200229171556p:plain

陽気 131-142-100-x-125-162

対面構築なのもあり、入れない理由が浮かばなかった為採用した。主に試合運びをイメージ出来ない構築に出したが、アーマーガアとドリュウズがいる場合は選出しない事を心掛けた。
最終的に命の珠はピクシーに持たせたので呪いのお札を代用した。
ミラー意識で最速。


f:id:Rise1525:20200501162352p:plain

控え目 201-x-94-161-111-81

基本初手に投げるネギガナイトがトゲキッスミミッキュに不利であり、2匹が一緒に入った構築に初手で出すのに抵抗があった為もう1匹の初手要員として採用した。優れた技範囲と耐久、天然の存在で起点にされ難い固有の性質で多くの相手と撃ち合えた。

ネギガナイトが初手トゲキッスを誘うので、ピクシーを選出した場合初手トゲキッスとの対面がよく発生する。この時大体のトゲキッスダイマせずエアスラッシュを撃ってくる為、ピクシーでダイマックスを切り、ダイサンダーで落として相手のプランを崩す動きが強力だった。
同じようにラプラスとの対面は絶対零度から入られる事が多く、ここでダイサンダーを撃つ事で無傷で素のラプラスに8割以上のダメージを与えられる。

ダイウォール用の補助技の候補は複数あるが、ヒートロトムを絡めたサイクルに負荷を掛けられるステルスロックを採用した。

マジックガードなのでこの構築では唯一エルフーンに抗えるポケモン


珠ダイサンダー(雷)

・H4トゲキッス 確定1

・H252ラプラス 81〜96.6%(確定2)

f:id:Rise1525:20200501151351p:plain

無邪気 193-142-127-121-85-179

ピクシーがドリュウズと対面した場合の引き先として採用。他にも他4匹で重めなドヒドイデ+ナットレイや数を増やしたアーマーガアにピクシーと合わせて厚くなれる。


ーーーーー

基本選出 →f:id:Rise1525:20200501201319p:plain + f:id:Rise1525:20200501201403p:plain @1

VSf:id:Rise1525:20200501201342p:plainf:id:Rise1525:20200501201330p:plainf:id:Rise1525:20200501201357p:plainf:id:Rise1525:20200501210558p:plainf:id:Rise1525:20200501210603p:plain @1 →f:id:Rise1525:20200501201408p:plain f:id:Rise1525:20200501201342p:plain @1

(単体記事)のどスプレー金属音ジュラルドン

前記事のジュラルドンの個別解説。

f:id:Rise1525:20200225182819p:plain

【持ち物】のどスプレー(金属音使用時にC +1)

【特性】ライトメタル推奨(手元にいた個体の都合で前記事は筋金入りになっています)

【配分】控え目 177(252)-x-135-181(196)-70-113(60)

【技】ラスターカノン 10万ボルト 悪の波動 金属音

10万ボルトと悪の波動の枠は選択だが、所謂崩し枠での採用の場合はこの2つで確定だと思っている。
特に悪の波動はダイアークになった時、Dダウンで相手に負荷がかかり続ける為強力。

以下相手のD-2前提

C+1 ダイスチル

・無振りカビゴン 確定1
チョッキ持ちは乱数1(18.7%)

・H252 D4ダイマックスバンギラス 確定1(砂下)

C+1 悪の波動

・H252ガラルサニーゴ 確定1

・H252 D4ギルガルド(シールド) 確定1

 ダイアーク

・特化ヌオー 確定2(こちらのC上昇含まない)

C+1 10万ボルト

・特化ドヒドイデ 確定1

S 準速ギルガルド抜き

ーーーーーーーーーー

前記事のエルフーンの枠をミミッキュで使用していた時期があり、こちらはジュラルドンとの相性が良かった為ついでに公開。

f:id:Rise1525:20200229171556p:plain

【持ち物】広角レンズ

【特性】化けの皮

【配分】臆病 161(244)-x-102(12)-x-125-162(252)

【技】呪い 鬼火 電磁波 挑発

受けサイクル相手に挑発を絡める事でジュラルドンの崩し性能を底上げする。
最速ドラパルトに麻痺を入れたらジュラルドンが上を取れるようになる為、このポケモンを採用する事により、ドラパルトミミッキュカビゴンのような対面寄りの相手にもジュラルドンを選出する選択が生まれた。

第4回デュアルオフ予選抜け カバギャラドス

 8世代最初の記事なのでまずは挨拶から。

 初めましての方は初めまして、らいずと申します。主に関東のオフに参加しています。
今後対戦する機会がありましたらよろしくお願い致します。


 以下常体

ーーーーーーーーーー

f:id:Rise1525:20200225173310j:plain

結果 第4回デュアルオフ 5-3予選抜け


 オフ用として構築を組むに当たって、試合消化速度が早い事が優先的な条件だった。
 そこで、一度積むことさえ出来ればそのまま全抜きする程のパワーと技範囲を持った珠ギャラドスと、その起点作成として優秀なカバルドンを軸に構築を組んだ。

 以下採用順の解説。

f:id:Rise1525:20200225182518p:plain

意地っ張り 171-194-99-x-120-133

構築の始点。パワーウィップの枠は地震と迷うが、ウォッシュロトムが重く感じた為こちらを採用した。


f:id:Rise1525:20200225184738p:plain

腕白 215-132-167-x-111-67

構築の始点2。基本先発で出す。
トゲキッス等ラムを持った積みエースが多く存在し欠伸が若干不安定になったが、相手へのダイマックス強制力には目を見張るものがあった。


f:id:Rise1525:20200225184758p:plain

控え目 167-x-171-101-160-80

タイプ・ヌルを絡めた構築に対して優位になれる身代わりを持った型で採用した。
キングシールドで相手のダイマックスターンを消費する等汎用性が高い性能を持ちながら、構築の穴を埋められる点が魅力的だった。


f:id:Rise1525:20200225182716p:plain

意地っ張り(キョダイマックス個体) 237-177-117-x-130-50

ギャラドスで倒しきれなかった相手を仕留める。
非常に火傷を狙われるポケモンなので、空元気を採用した。鈍いがある為通常でも火力不足だとは感じなかった。
物理ならダイマックスとも互角に撃ち合えるカウンターを持たせた。
ミミッキュへの打点として残りの枠はアイアンヘッドを採用。


f:id:Rise1525:20200225182756p:plain

控え目 135-x-106-141-95-168

机上ではギャラドス入りの構築に対してカバルドンから展開する事が難しいと感じた為、もう一匹の起点作成要員として採用した。
エナジーボールを持たせる事で、ミロカロスシャワーズ等高耐久の水タイプをギャラドスのダイジェット圏内に押し込む事が出来る。
熱湯火傷のリスクを回避しながらダイジェットを撃てるようになるこの技は便利だった。
また、追い風でのサポートが自信過剰のギャラドスと相性がいい。


f:id:Rise1525:20200225182819p:plain

控え目 177-x-135-181-70-113

ヌオードヒドイデギャラドスを通す事が困難な受けサイクルを崩す。
金属音と喉スプレーの効果でドヒドイデやガラルサニーゴダイマックスせずに処理出来る。

以下相手のD-2前提

C+1 ダイスチル

・無振りカビゴン 確定1
チョッキ持ちは乱数1(18.7%)

・H252 D4ダイマックスバンギラス 確定1(砂下)

C+1 悪の波動

・H252ガラルサニーゴ 確定1

 ダイアーク

・特化ヌオー 確定2(こちらのC上昇含まない)

C+1 10万ボルト

・特化ドヒドイデ 確定1

JPNOPENfinal ベスト8 快眠カバラッキー

f:id:Rise1525:20190929203151j:plain

結果 JPNOPENfinal 予選7-2(1位通過)  最終ベスト8

 

 オフで当たるポケモンの種類が以前と比べると非常に増えたと感じた。

 その為、特定の並びに厚くするより、広く浅く見られるようにした方が、全体としての勝率が上がるのではないかと考えた。

 そこで、仮に出し負けをしてもリカバリーが効き、立ち回りと合わせてある程度広範囲を見ることが出来る受け系統の構築に注目した。 

 

  以下採用順の解説

f:id:Rise1525:20190929192953p:plain

 ラッキー 図太い 345(156)-x-62(252)-x-138(100)-70

 

 構築の始点。特殊技という大きい括りを1匹で受ける事が出来る唯一の性能を持っており、前述した構築に求める要素にマッチしていると思い採用した。

 

・C特化カプ・テテフのPFサイコショック 2耐え

 

f:id:Rise1525:20190929193329p:plain

 カバルドン 呑気 213(236)-133(4)-176(172)-100(92)-93(4)-60

 

 構築の始点2。にゃおーし(@Tyranitar_cat)に教えて貰った型であり、めざめるパワーは氷。

 4倍弱点が無い地面枠であり、比較的安定して物理技を受ける事が出来る。

 

 めざめるパワーの枠は元々氷の牙で使っていたが、ガルランドの並びに対して威嚇を無視して一方的に有利になれるこちらの型の方が構築に適していると思い採用した。

 

詳細はこちらの記事にて。

https://nyaoman.hatenablog.com/entry/2019/09/29/190306

 

f:id:Rise1525:20190929193404p:plain

 メガボーマンダ 臆病 170-x-150-172(252)-111(4)-189(252)

 

 地面の一貫切り。威嚇と合わせる事で前述のカバルドンの削ったBを補う事が出来る。

 ビビヨン等のループに簡単に嵌らないように、ハイパーボイス持ちの特殊型で採用した。 

 

f:id:Rise1525:20190929193430p:plain

 ギルガルド 意地っ張り 159(188)-222(252)-70-x-71(4)-88(60)

 

 鋼枠。一貫性のあるゴーストZの高火力を押し付けてから、カバラッキーで詰める動きが強力だった。

 メタグロスに対して一方的に有利なこのポケモンを採用する事で、こちらのカバルドンの負担を軽減する事が出来る。

 オニゴーリに唯一抗う事が可能。

 

f:id:Rise1525:20190929193502p:plain

 ウツロイド 控えめ 185(4)-x-67-196(252)-151-155(252)

 

 霊獣ボルトロスアーゴヨンデンジュモク等の相手の崩しポケモンへの切り返しとして採用した。

 カバルドンの砂と合わせて動かす事もある。

 

サイコキネシス 148-94アーゴヨン 高乱数1(砂ダメで確定)

・砂下で特化デンジュモクの+3 10万ボルト耐え

 

f:id:Rise1525:20190929193528p:plain

 サンダー 穏やか 197(252)-x-105-145-151(220)-125(36)

 

 主に高耐久低速で構成されたサイクル構築に選出し、PPを枯らす。

 元々回復技は羽休めで採用していたが、役割対象の毒々の所持率や、構築に毒々を撃たれやすいポケモンが多い事から、後出しのタイミングで簡単に機能停止してしまった。

 そこで、眠るを採用する事で毒々への耐性を持たせた。

 

 放電の場合、相手に毒々を入れられなくなる可能性がある為攻撃技は10万ボルトにした。

 

 カプ・レヒレテッカグヤの処理速度と、フィールドの影響を受けずに確実に眠れる点から、他のプレッシャー持ちではなくサンダーを採用した。

ーーーーーーーーーー

 カバラッキー@4の並びを考える際、こちらの記事を参考にさせて頂きました。

https://megablissey.hatenablog.com/entry/2019/07/27/182457

 

 

第7回あめおふ!ベスト8 テテフペリグドラ

f:id:Rise1525:20171030183825p:plainf:id:Rise1525:20171030183844p:plainf:id:Rise1525:20171030183908p:plain
f:id:Rise1525:20170214191203p:plainf:id:Rise1525:20171030184333p:plainf:id:Rise1525:20171030184358p:plain

種族名 特性 性格 持ち物 技1 技2 技3 技4
ペリッパー 雨降らし 呑気 気合いの襷 熱湯 暴風 冷凍ビーム とんぼ返り
キングドラ すいすい 控え目 水Z ハイドロポンプ 波乗り 冷凍ビーム 身代わり
カプ・テテフ サイコメイカー 控え目 拘り眼鏡 サイコキネシス サイコショック ムーンフォース シャドーボール
メタグロス クリアボディ→硬い爪 陽気 メタグロスナイト アイアンヘッド 地震 冷凍パンチ 目覚めるパワー(炎)
ランドロス(霊獣) 威嚇 腕白 バンジの実 地震 岩石封じ とんぼ返り 寝言
デンジュモク ビーストブースト 控え目 エスパーZ 10万ボルト エナジーボール 蛍火 催眠術

第7回あめおふ! 予選5-2(2位) 最終ベスト8

明確な勝ち筋を持ち、攻めに特化した構築を組みたかった為天候パに注目した。
今回は"あめおふ"ということで、雨+エースから組み始めた。


眼鏡テテフで強引に削りを入れ、極力キングドラに命中安定技を撃たせて抜いていくのが理想の動き。
ニョロトノではなく、雨を降らせつつ、展開系の天敵であるミミッキュに後攻とんぼが出来るペリッパーを採用した。

裏にはキングドラを止めてくる水タイプやナットレイ・その他受け寄りのサイクル構築を崩せるデンジュモクと、キングドラを出せなかった際相手のテテフやミミッキュを縛れるメタグロス、それらと縦の相性が良いランドロスを入れた。


(個別解説)

カプ・テテフ 175(236)-x-107(92)-177(84)-147(92)-115

にゃおーしの眼鏡テテフのSを無振りにしたもの。
ミミッキュトリックルームをされた時を考慮して、Sを無振りにした。

鋼タイプを誘って眼鏡サイキネで削り、キングドラの波乗り圏内まで押し込む。


ペリッパー 167(252)-70-167(252)-116(4)-90-66(s個体値8)

H-B A156ミミッキュのZじゃれつく+じゃれつく耐え
S 無振りカバルドン抜かれ

雨起動要員。後攻とんぼからキングドラに繋ぐ。
雷パンチを持っていないバシャーモに強く、カバルドンの欠伸ループを抜ける事も可能。

単体で選出しても最低限サイクルを回せて、バシャーモに対して後続を動きやすくすることが出来る。


キングドラ 150-x-115-161(252)-116(4)-137(252)

テテフの崩し性能の高さと、ペリッパーの対ミミッキュ性能を利用して相手に削りを入れた後に、
キングドラの波乗りで相手を縛る事を目標としている。
波乗りの圏外の相手には、1回だけ水Zの高火力を使う事ができる。
拘っていない為、主にメガボーマンダに対して打ち分ける事も可能。

技スぺが余ったので、ギルガルドに強くなれる身代わりを入れた。


デンジュモク 190(252)-x-91-212-92(4)-135(252)

C +3の10万ボルトでH振りナットレイ確定2発

相手にナットレイがいる時に出していく。ペリグドラが誘う相手に刺さりやすい。
低速を起点に全抜きを狙えるエスパーZ催眠術。
控え目だと+3エナジーボールガブリアスが中乱数で落とせる。


メタグロス 175(156)-177(92)-171(4)-112-131(4)-178(252)

雨選出をしないとスカーフテテフにサイキネを撃たれるだけで試合が終わってしまうので採用した。
全体的にナットレイへの打点が乏しいので、めざ炎を持たせた。


ランドロス(霊獣) 196(252)-165-138(124)-x-117(132)-111

配分等はこちらの記事にて。
d.hatena.ne.jp

裏選出をした際電気・地面の一貫を切る事ができ、テテフが苦手なギルガルドミミッキュに対してサイクルを回せる。
キノガッサが重いので、毒々を寝言にした。


QRコードhttps://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4D27-AA36
もし使用感、改良案などありましたらTwitter(@Rise_1525)のDMに送っていただけるととても嬉しいです。